×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

短期ダイエットの前に

短期ダイエットをはじめようと思っている方のために。
若い人たちの多くは「痩せたい」と常に願っているのではないのでしょうか。
雑誌やテレビで活躍しているアイドルやタレントさんたちに憧れたり、とってもかわいい洋服があったり、女の子はいつもそんなアンテナを張っていて、情報にとても敏感になっているように感じられます。
世界の中でも特に日本の女性たちが短期ダイエットと言う言葉に対してとても敏感になっていて、外国の人から見たら「別に太っていないよ。痩せているのにどうして?」と思われている事をみなさんご存知でしょうか。
にもかかわらず、日本のメディアでは様々な短期ダイエット情報が溢れていて、中には大変危険なもの、健康に害のあるものも存在していることもあるようです。
他人と比べるのでは無く、自分自身が健康的であるのが、一番ふさわしいプロポーションであるのにも関わらず、氾濫する短期ダイエット情報の中で見失っている人が大変多いように感じられます。
食べることは、いけない事のようにとらえ、一度太ってしまったら痩せられないと考えて、様々な病気を引き起こしたりする例も、少なくないようです。
短期ダイエットをする時には、自分の体をしっかりと観察して、体調に耳を傾けながら、体調不良を感じたらストップするという事も、きちんと頭に入れておきましょう。
短期ダイエットをスタートする前に、自分が本当に太っているのかどうか、短期ダイエットが必要なのかを調べてみましょう。
BMI指数は男女共通の肥満度をもとめる計算式です。
BMI指数=体重(Kg)÷(身長m×身長m)。
BMI指数の計算結果が、20以下の場合は痩せている、24以下の場合は標準、26.5以下の場合はやや肥満、26.6以上の場合は肥満ということになります。
どのタイプか知った上で、体系にあった短期ダイエット方法をして下さい。
ガリガリに痩せるのが理想ではないはずです。

短期ダイエットのポイント

短期ダイエット成功のポイントについて。
短期ダイエットを望む女性の方が多くいるようですね。
理由も様々のようです。
久し振りに彼に逢うからとか、夏の水着までに何キロやせるとか理由はいろいろですね。
このように短期ダイエットをはじめる人は、何かしらのイベントに向けてという理由が大半です。
短期というと、3日間や1週間というダイエットもたくさんありますが、このような短過ぎる期間では、無駄な脂肪を落とすことは不可能です。
1週間程度の短い期間では、女性の生理周期と深い関係のある体内の排泄物除去や水分調節という大切なカラダの機能のことを考えると、効果にバラつきがあるので、短期ダイエットといえども最低でも1ヶ月の期間は必要です。
短期ダイエットはリバウンドをしやすそうに感じますが、食事制限だけでは、飢餓状態となり筋肉を落としリバウンドするのは確かです。
リバウンドしないようにするためには、短期ダイエットと一緒に筋力強化のための運動を行うことです。
短期ダイエットで、食事制限だけを集中的にしてしまうと、筋肉も同時に落ちてしまうので、特に注意しておく必要があります。
筋肉強化の運動を併用せずに、筋肉が落ちてしまうと、食べても太る体質になってしまいますので注意が必要です。
長期ダイエットだから、短期ダイエットだからで効果が分かれるのではないのです。
ダイエットの選択方法に、成功へのカギがあるのです。
ダイエット成功のポイントは、長期でダイエットを考えている人も、最初は短期を目指して集中してダイエットをしてみて、その結果を見てからダイエットを続けるのか、体重をキープするのかの選択をすればいいのです。
まずは、短期ダイエットで集中して行なえば、体質改善は比較的容易にできます。

短期ダイエットの注意点

最も望ましい短期ダイエット方法は、体質を改善することです。
一時的に体重の数値が下がるだけの短期ダイエットではなく、やせた状態を長く維持し、心身共に健康になれるような短期ダイエット方法が理想的です。
そんな短期ダイエットを成功させるためには、時間をかけて実行するのが一番いいことですが、来月まで、など決まった時期までにどうしてもやせたくて、スピードダイエットを必要とする状況はよくあるものです。
なんでもっと早めにダイエットしておかなかったんだろうか、と後悔しても後の祭りです。
時間をかけて取り組むダイエットはまた後でするとして、すぐにもこのお肉を減らしたい、とにかく時間がないというときの、短期ダイエットなどは可能なのでしょうか。
この日までに、というような差し迫った短期ダイエットは、言ってみれば一本勝負のようなもので、繰り返す余裕はないのですから失敗は許されません。
摂取量を抑えるか、運動量を増やすか、どのパターンが一番痩せやすいかを把握できれば短期ダイエットにも効果的です。
短期間でドカンと太ってしまったことのある人は、きっとそれにはなんらかの原因があるはずで、まずはそれを考えてみましょう。
逆の行動を取れば、意外と簡単に体重を落とせるかもしれません。
ただ忘れてはならないのは、短期ダイエットとは短い期間でやせるということですから、長い時間をかけてじっくりやせていくより心や体に一気に負担がかかるということです。
軽い気持ちの挑戦は失敗の元、リバウンドの元で、体の負担を考えることももちろん、マインドコントロールも大事。
途中で挫けないためにも、強い意志で計画的に取り組みましょう。

Copyright © 2007 短期ダイエットで成功するために